表を作ったときに、1行ごと交互に色がついていると見やすいですよね。

ただし、1行ごとに色をつけていくと手間がかかります。

そこでオートフィルオプションを使って簡単に色をつける方法をご紹介しましょう。

 

1行ごと交互に色をつける方法

下表に1行ずつ交互に色をつけてみましょう。

img20150910_01

 

1.色をつけたい行(A2~C2)を範囲選択します。

img20150910_02

 

2.[ホーム]タブ→[フォント]→「塗りつぶしの色」アイコンをクリックし、「ゴールド」を選択します。

img20150910_03

 

3.2行目に色がついたら、色のついていない下の行と2行(A2~C3)を範囲選択します。

img20150910_04

 

4.選択範囲の右下にマウスポインターをおいて、フィルハンドル(+)をダブルクリックします。

img20150910_05

 

文字もコピーされるので、「オートフィルオプション」で書式だけをコピーします。

5.オートフィルオプションのアイコンをクリックします。

img20150910_06

 

6.「書式のみコピー(フィル)(F)」に◎チェックをつけます。

img20150910_07

 

1行ごと交互に色がつきました。

img20150910_08

 

●行を追加した場合

行を追加したときでも同じように色をつけることができます。

img20150910_09

 

1.色がついている最後の行と下の行の2行(A10~C11)を選択します。

img20150910_10

 

2.あとは、上記の4~6と同じ方法で書式のみをコピーします。

img20150910_11

↓ ↓ ↓ ↓

img20150910_12

↓ ↓ ↓ ↓

追加した行にも交互に色がつきました。

img20150910_13

 

「自動表示させた土日祝に色をつけたい」というリクエストがありましたので、3回にわけて設定方法をご紹介したいと思います。

今回はその2回目。
条件付き書式の機能を使って、土日に色をつける方法をご紹介します。

 

・1回目「曜日を自動で表示する方法(クリックするとページを見られます)

・2回目「土日に色をつける方法」

・3回目「祝日に色をつける方法」

 

「土日」に色をつける方法(条件付き書式)

「土」を青色文字、「日」を赤色文字に設定してみましょう。

1.前回に貼り付けした曜日のセルを範囲選択します。

img20150903_01

 

2.[ホーム]タブ→[スタイル]の「条件付き書式」→「ルールの管理(R)」を選択します。

img20150903_02

img20150903_03

 

3.[条件付き書式ルールの管理]ウィンドウが開くので、「新規ルール(N)」を選択します。

img20150903_04

 

4.[ルールの種類を選択してください(S)]→「►指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択し、
つぎに、[ルールの内容を編集してください(E)]→[次の値の間]横の「▼」→「次の値に等しい」を選択します。

img20150903_05

 

5.[次の値に等しい]の隣の欄に「土」と入力し、下の「書式(E)」を選択します。

img20150903_06

 

6.[セルの書式設定]ウィンドウが開くので、[フォント]タブ→[色(C)]の「▼」→「青」を選択し、欄が青色になっていれば「OK」ボタンをクリックします。(プレビューに表示されます)

img20150903_07

↓  ↓  ↓

img20150903_08

 

※セルの背景に色をつることもできます。
[塗りつぶし]タブ→[背景色(C)]の中の色をクリック→「OK」ボタンをクリック

img20150903_16

 

7.[プレビュー:]欄で青色になっているのを確認して「OK」ボタンをクリックします。

img20150903_09

 

これで「土」が青色になる設定ができました。

img20150903_10

 

次は「日」を赤色に設定してみましょう。

8.設定方法は同様で、3~7の操作を繰り返します
違いは書式で色の設定をするときに「赤」を選びましょう。

img20150903_12

 

9.「日」の設定ができたら、「適用」ボタンをクリックします。(ウィンドウは開いた状態にしておきます)

img20150903_14

 

「土」が青色文字、「日」が赤色文字になりました。

img20150903_15

 

次回は「祝日に色をつける方法」をご紹介します。

ワークシートは必要に応じて追加することができます。

ただワークシートが増えてくると、目的のシートを探しにくくなってきますよね。

そんなときは、シートに名前をつけたり、シート見出し(名前タグ)に色をつけて見やすくしてみましょう。

効率よく作業をすすめるためにもぜひ活用してください。

 

※例としてワークシート「Sheet4」を追加して名前を変更して色をつけます。

img20150326_00

 

★ワークシートの追加方法★

1.シート見出しの右側にある「+」マークをクリックします。

img20150326_01

 

2.もしくは、シート見出しを右クリック→[挿入(I)]→[ワークシート]を選択して「OK」ボタンを押します。

img20150326_02

img20150326_12

 

▼ワークシート「Sheet4」が追加されました。

img20150326_03

 

 

★ワークシートの名前を変更する★

1.名前を変更したいシート見出しの名前部分をダブルクリックします。もしくは、シート見出しを右クリック→[名前の変更(R)]を選択します。

img20150326_13

 

2.変更可能モード(グレー)になるので、好きな名前(ここでは「4月売上」)を入力し、[Enter]キーを押します。

img20150326_05  img20150326_06

 

▼ワークシートの名前が変更できました。

img20150326_07

 

★ワークシートの名前タブに色をつける★

1.シート見出しを右クリック→[シート見出しの色(T)]→カラーを選びます。(ここでは「」を選びます)

img20150326_08

▼色をつけたシートを選んでいると色は薄くなり、別のシートを選んでいると色がつきます。

・シートを選択しているとき→img20150326_09

・別のシートを選択しているとき→img20150326_10

 

2.色をとりたい、つけたくないときは、[シート見出しの色(T)]→[色なし]を選びます。

img20150326_11