エクセルにホームページの画面を載せたいときには、どのようにしていますか?

キーボードのスクリーンショットボタンでパソコン画面の画像をとって、その画像をエクセルに貼り付けてからトリミングをして必要な大きさにする、とか、画像編集ソフトで加工してから貼り付ける、とか、いずれにしても手間がかかりますよね。

実はエクセルには、ホームページに限らず、パソコン画面上に表示しているウインドウの画面を切り取って貼り付ける、という便利な「スクリーンショット機能」というものがあるのです!
しかも、必要な部分だけを切り取って貼り付けることもできます!

では、今回は、ホームページ画面を貼り付ける方法をご紹介します。

ホームページ画面を簡単に画像として貼り付ける方法

このブラウザに表示されたページを、画像としてエクセルに貼り付けましょう。

 

【1】全画面を貼り付ける方法

1.パソコン画面上には、画像として貼り付けたい画面を表示したブラウザのみにしておきます。(他のフォルダ等は最小化か閉じておきます)
そして、[挿入]タブ→「スクリーンショット」→「使用できるウィンド」をクリックします。

 

2.下図のようなウィンドウが表示されたら、貼り付けた画像をクリックした時に、そのサイトが開くようなリンクを設定したい場合は「はい」を、リンクを設定せずに貼り付けたい場合は「いいえ」を選びます。

 

すると、エクセルのシートに、画面の画像が貼り付けられました

img20160610_04

【1】の方法では、ブラウザのメニュー部分も画像として貼り付けられます。
もし、画面のみの画像を貼り付けたい場合は、【2】の方法で貼り付けます。

 

【2】画面を切り取って貼り付ける方法

1.パソコン画面上には、画像として貼り付けたい画面を表示したブラウザのみにしておきます。(他のフォルダ等は最小化か閉じておきます)
そして、[挿入]タブ→「スクリーンショット」→「画面の領域」をクリックします。

img20160610_05

 

2.パソコン画面が薄く表示されるので、画像として貼り付けたい部分をドラッグします。ここでは、「本のイラストが入った宣伝の部分」を貼り付けます。

img20160610_06

 

すると、ドラッグした部分だけが、シート上に画像として貼り付けられました。

画像として貼り付けられているので、画像と同じように拡大縮小などができます。

img20160610_07

 

 

貼り付けた画像を、ある図形の型にしたいということはありませんか?

角丸やひし形から、星型やハート型など、バラエティに富んだ形に切り抜く機能があります。

しかも簡単にできるので、いろんなシーンで活用してみてください。

図形にあわせて画像を切り抜く(トリミングする)方法

花の写真を角丸の型にしてみましょう。

1.まずは花の写真を貼り付けるために、[挿入]タブ→[画像]をクリックします。

img20160128_01

 

2.貼り付けたい画像ファイルを選び、「挿入」ボタンをクリックします。

img20160128_02

 

3.花の写真が貼り付けられたら、図ツールの[書式]タブになっているのを確認します。

img20160128_03

 

4.[トリミング]ボタンの「▼」マークをクリック、「図形に合わせてトリミング(S)」→四角形「角丸四角形」のアイコンをクリックします。

img20160128_04

 

すると、写真が角丸の型になりました。

img20160128_05

 

もしハート型にくり抜きたいときは、4.の操作で最後に、基本図形「ハート」のアイコンをクリックします。

img20160128_06

 

すると、写真がハート型に切り抜かれました。

img20160128_07

 

 

エクセルで画像を貼り付けたあとに、その画像を別のものと変えたいときがありますよね。

そんなとき、元の画像を削除して新しい画像を貼り付け直ししなくても、すばやく変更できる便利な機能があるんです!

この機能で画像を変更すれば、新しい画像は、元の画像と同じ位置に貼り付けられるので、貼り付け位置を気にしなくても大丈夫なんですよ。

画像を別の画像に変更する方法

次のコアラの画像をペンギンの画像に変更してみましょう。

img20160114_01

 

1.コアラの画像をクリックし、図ツール「書式」タブをクリックします。

そして、「図の変更」をクリックします。

img20160114_02

 

2.「画像の挿入」の画面が表示されるので、「ファイルから」→「参照►」の文字部分をクリックします。

img20160114_03

 

3.差し替えたい画像ファイルを選び、「挿入」ボタンをクリックします。

img20160114_04

 

すると、コアラの画像からペンギンの画像に変わりました。

img20160114_05

 

 

作成した表を別のシートに貼り付けたいときはありませんか?

普通にコピー&貼り付けをして、列幅が違ってレイアウトが崩れてしまうと困りますよね。

そんなときにはこれからご紹介する「表を画像として貼り付ける方法」を使ってみましょう。

貼り付けたあとの元の表は、画像データなので編集はできませんが(拡大縮小は可能)、元の表のデータを変更したときは貼り付けた画像データにも反映されるので便利です。

★表を別のシートに配置する方法★

下の価格表を別シートの個人別売上表の下に配置させてみましょう。

img20150820_02

 

1.貼り付けたい元の表(価格表)を選択し、[ホーム]タブ→「コピー」アイコンをクリックします。

img20150820_03

 

2.貼り付け先のワークシートを選びり付けたい範囲の左上のセルを選択します。
 次に、[ホーム]タブ→貼り付けアイコン下の「▼」をクリックします。

img20150820_04

 

3.[貼り付け]の中から「リンクされた図(I)」を選択します。

img20150820_05

 

価格表がほかのシートに貼り付けられました。

img20150820_06

 

貼り付けられた表は拡大縮小と移動はできますが、データの編集は直接できません。
しかし、元の表を変更した場合は、貼り付けられた表(画像)にも反映されます。
(下図参照)

 

『拡大縮小』

「□」印をドラッグすると・・・

img20150820_10

↓ ↓ ↓ ↓

拡大(縮小)できます。

img20150820_07

 

『元の表のデータ変更→反映』

元の表のデータを\980→¥1,000に変更すると・・・

img20150820_08

↓ ↓ ↓ ↓

変更した箇所が反映されます。

img20150820_09