貼り付けた画像を、ある図形の型にしたいということはありませんか?

角丸やひし形から、星型やハート型など、バラエティに富んだ形に切り抜く機能があります。

しかも簡単にできるので、いろんなシーンで活用してみてください。

図形にあわせて画像を切り抜く(トリミングする)方法

花の写真を角丸の型にしてみましょう。

1.まずは花の写真を貼り付けるために、[挿入]タブ→[画像]をクリックします。

img20160128_01

 

2.貼り付けたい画像ファイルを選び、「挿入」ボタンをクリックします。

img20160128_02

 

3.花の写真が貼り付けられたら、図ツールの[書式]タブになっているのを確認します。

img20160128_03

 

4.[トリミング]ボタンの「▼」マークをクリック、「図形に合わせてトリミング(S)」→四角形「角丸四角形」のアイコンをクリックします。

img20160128_04

 

すると、写真が角丸の型になりました。

img20160128_05

 

もしハート型にくり抜きたいときは、4.の操作で最後に、基本図形「ハート」のアイコンをクリックします。

img20160128_06

 

すると、写真がハート型に切り抜かれました。

img20160128_07

 

 

前回、図形を上下の真ん中に揃えましたが、配置の間隔が等しくなっていません。

img20150525_04

「配置」には、図形を揃えるだけでなく等間隔で整列する機能もあるのでご紹介しましょう。

 

★図形を等間隔に配置する方法★

下図の配置を等間隔にしてみましょう。

img20150528_01

 

今回は図形を個別に選択するのではなく、ドラッグで範囲指定して選択します。

1.[ホーム]タブ→[検索と選択](リボンの右端)→「オブジェクトの選択(O)」を選択します。

img20150528_02

 

2.マウスカーソルが矢印になるので、選びたい図形をすべて囲むようにドラッグします。

img20150528_03

図形が選択されます。

img20150528_04

※カーソルを元に戻すときは、再び「オブジェクトの選択(O)」を選択します。

 

3.[描画ツール]→[書式]タブを選び、[配置]→「左右に整列(H)」を選択します。

img20150525_03_1

↓ ↓ ↓ ↓

img20150528_05

 

図形が等間隔で配置されました。

img20150528_06

同様に上下の配置もできますので試してみてください。

 

たくさんの図形を描いて作業しているときに、

左右の位置をそろえたい
上下の中央にあわせて配置したい

など、図形の配置を揃えたいときはありませんか?

目分量で揃えるとズレがでてきますよね。

そんなときに便利な機能があるのでご紹介しましょう。

 

★図形を左右、上下に配置を揃える方法★

3つの図形を左に揃えてみましょう。

1.揃えたい図形を選択します。

img20150525_05

 

2.[描画ツール]→[書式]タブを選び、[配置]→「左揃え(L)」を選択します。

img20150525_03_1

↓ ↓ ↓ ↓

img20150525_06

 

図形が左に揃えられました。

img20150525_07

 

————————-

次は異なる図形を上下の真ん中に揃えてみましょう。

1.揃えたい図形を選択します。

img20150525_02

 

2.[描画ツール]→[書式]タブを選び、[配置]→「上下中央揃え(M)」を選択します。

img20150525_03_1

↓ ↓ ↓ ↓

img20150525_03_2

 

図形が上下の真ん中に揃いました。

img20150525_04

 

 

描いた図形を別の図形に変えたい場合、一度消してから新たに図形を描いていませんか?

図形の変更機能を使えば、図形をいちいち消すことなく、簡単に同じ大きさのまま差し替えることができます。

 

★図形を別の図形に簡単に変更する方法★

長方形を十字形に変更してみましょう。

1.変更したい図形を選択します。

img20150521_01

 

2.図形を選択すると[描画ツール]になるので、[書式]タブ→[図形の編集]→[図形の変更]→変更したい図形を選びます。(今回は「十字形」を選択)

img20150521_02

 

長方形が十字型に変更されました。

img20150521_03