同じセル内にふりがなを表示する方法をご紹介しましたが、検索などで別のセルにふりがなを表示させたいときもあるかと思います。

そのような場合は、PHONETIC関数を使うと便利です。

ただし、関数で表示したふりがなは、そのままでは編集できないので、最後にコピーをして値貼り付けをします。

◆PHONETIC(範囲)…指定したふりがなを取り出す

 

★別のセルにふりがなを表示する方法(PHONETIC関数)★

下の名簿の「かな」欄にふりがなを表示させてみましょう。

img20150813_01

[順序]
ふりがなの設定→関数でふりがな表示→関数を文字(値)に変える

 

1.ふりがなを表示させたい元のセルを選択し、[ホーム]タブ→[ふりがなの表示/非表示]アイコン横の「▼」→「ふりがなの設定(T)」を選択します。

img20150813_02

 

2.今回はひらがなで表示させたいので、[ふりがな]タブ→[種類]「ひらがな(H)」、[配置]「左寄せ(L)」にチェックをつけて「OK」ボタンを押します。

img20150813_03

 

3.ふりがなを表示させたいセル(C2)を選択し、数式バー横の[fx]をクリックします。

img20150813_15

 

4.関数の挿入ウインドウが開くので、[関数の分類(C):]→「情報」、[関数名(N):]→「PHONETIC」を選び、「OK」ボタンをクリックします。

img20150813_16

↓ ↓ ↓

img20150813_17

 

5.ふりがな表示したい元のセル(B2セル)をクリックします。(自動的に[参照]欄に表示される)
「OK」ボタンをクリックします。

img20150813_187

 

ふりがなが表示されました。

img20150813_07

 

関数のままではふりがなを編集(修正など)できないので、ふりがなを文字(値)に変えます。

img20150813_13

 

 

6.下のセルにもふりがなを表示させるために、フィルハンドル(+)を下へドラッグします。

img20150813_08

 

7.セルが選択された状態のままで右クリックをし、コピー(C)を選びます。

img20150813_09

 

8.同じ状態のままふたたび右クリックをし、[貼り付けのオプション:]→「値」アイコンをクリックします。

img20150813_10

 

ふりがなを文字(値)として貼り付けたので、編集が自由にできるようになりました。

img20150813_14

↓編集中

img20150813_12

 

 

3種類ある参照方法のうち、今回は相対参照をご紹介しましょう。

相対参照とは、数式が入力されているセルを基点として、ほかのセルを相対的な位置関係に指定することです。

つまり、相対参照で入力された数式を、別のセルにコピーすると、コピー先の参照元が自動的に変わるということです。

絶対参照の場合は、コピーしても変わりません。詳しくはこちらをご覧ください。

エクセルの初期設定では、入力する数式は相対参照となっています。

 

★数式の相対参照をコピーする方法 ★

下表の売上額(D3)の数式を下のセルにコピーしましょう。

数式は単価と売上数を掛け合わせたものなので、相対参照のままコピーします。

img20150625_03

 

1.D3セルの右下にマウスポインタを重ねて、「+」をダブルクリックします。

img20150625_04

 

下のセルまでコピーされました

img20150625_05

確認すると、相対参照で数式がコピーされています。

img20150625_06

 

 

★(参考)参照方法の切り替え方★

」を直接入力しても可ですが、ファンクションキー[F4]を押すと参照方法が切り替わります。
下表のように、1回押すごとに切り替わっていきます。

初期状態  相対参照(A1)
[F4]押す  絶対参照 ($A$1)
[F4]押す  列が相対、行が絶対参照(A$1)
[F4]押す  列が絶対、行が相対参照($A1)
[F4]押す  相対参照(A1)
 :

 

数式でセルを参照する場合には、3種類の参照方法があります。

 

絶対参照…参照するセル番地を固定する方法。数式をコピーしてもセル番地は変わりません。

相対参照…数式を入力したセルを基点として、ほかのセルの位置関係を相対的に指定する方法。

複合参照…列は相対参照、行は絶対参照のように、絶対参照と相対参照を組み合わせた方法。

 

セル番地の前に「$」マークがついているのを見たことがあるのではないでしょうか。
今回はセルを固定させて参照する「絶対参照」を紹介します。
単価や時給のように、参照元を固定して数式に使う場合は絶対参照を使います。

 

★参照方法を切り替える方法~絶対参照★

下表の「売上額」欄を数式を使って埋めます。

単価の「980(D3)」絶対参照にして数式を作りましょう。

img20150622_01

 

1.数式を入れるセルを選択します。

img20150622_02

 

2.選択したセルをダブルクリックするか、数式バーをクリックし、「=」と入力します。

続けて、参照するセル「C6」をクリック→「*」と入力→「D3」をクリック→[F4](ファンクションキー)を1回押します

img20150622_10

↓  ↓  ↓  ↓

img20150622_05

D3セルが絶対参照になりました。

 

列番号と行番号の前にがつくと絶対参照をあらわします。

img20150622_06

 

空欄に数式をコピーしましょう。

3.C6セルの右下にマウスポインタを重ねて、「+」をダブルクリックします。

img20150622_07

 

下の欄にも数式がコピーされ、絶対参照もそのままコピーされました。

img20150622_09

 

★参照方法の切り替え方★

」を直接入力しても可ですが、ファンクションキー[F4]を押すと参照方法が切り替わります。
下表のように、1回押すごとに切り替わっていきます。

初期状態  相対参照(A1)
[F4]押す  絶対参照 ($A$1)
[F4]押す  列が相対、行が絶対参照(A$1)
[F4]押す  列が絶対、行が相対参照($A1)
[F4]押す  相対参照(A1)
 :

 

 

エクセルの特長ともいえるのが数式です。

この数式を使えば、集計やカウントや変換などが便利で、効率的に作業をすすめることができます。

今回はセル参照での数式の入力方法と、数式に使う各種記号(演算子)をご紹介しましょう。

 

★数式を入力する方法★

下表の[売上計]欄を数式を使って求めましょう。

img20150608_01

 

1.数式を入力するセルを選択します。

img20150608_02_1

 

もしくは、セルを選択して数式バーをクリックします。

img20150608_03

 

2.セル(または数式バー)に半角で「=」と入力し、「C2」セルをクリックします。

(セルと数式バーには「=C2」と表示されます)

img20150608_04

 

3.続けて同様に半角で「*」と入力し、「D2」セルをクリックします。

 数式の入力が終わったら「ENTER」キーを押して決定します。

(セルと数式バーには「=C2*D2」と表示されます。)

img20150608_05

 

 

数式によって計算ができました。

img20150608_06

 

★数式に使う主な各種記号(演算子)★

【算術】

+(プラス) 加算(D1+D2) D1とD2を足す
 -(マイナス)  減算(D1-D2) D1からD2を引く
 *(アスタリスク)  乗算(D1*D2) D1とD2を掛ける
 /(スラッシュ)  除算(D1/D2) D1をD2で割る
 ^(キャレット)  べき乗(D12) D1の二乗

 

【比較・文字列】

= 等号(D1=D2) D1はD2と等しい
>  より大きい(D1>D2) D1はD2より大きい
 < より小さい(D2<D1) D2はD1より小さい
>=  以上(D1>=D2) D1はD2以上
<=  以下(D2<=D1) D2はD1以下
<> 不等号(D1<>D2) D1とD2は等しくない
& 文字列結合(B1&C1) “売上”&”個数”

 

【参照】

 :(コロン)  セル範囲(A1:D1) A1からD1間の全てのセルを
参照する
 ,(カンマ)  複数のセル範囲
(A1:D1,C2:F2)
A1からD1間の全セルと、
C2とF2間の全セルを参照する