リボンの[配置]にある「セルを結合して中央揃え」のボタンを押すと、簡単にセルを結合したり解消したりできて便利です。

img20160527_00

ところが、文字が入力されている状態で、このボタンを押すと、文字は自動的に中央揃えになっていまいます。

もし、文字を左に配置させたままにしたい場合は、セルを結合したあとに、文字だけを左揃えにしないといけないので、ちょっと不便ですよね。

そんな「セルは結合したいけど、文字は中央揃えにしたくない」というときに、ピッタリな機能(ボタン)があるのでご紹介しましょう。

とっても簡単ながら、意外と知られていなかったりするんですよー。

セルを結合しても文字が中央揃えにならない方法

次の名簿のタイトルを、セルA1からG2のセルを結合して、縦は上下中央、横は左揃えの位置に配置しましょう。

img20160527_01

 

1.結合したいセル(A1~G2)を選択して、リボンの[配置]→「セルを結合して中央揃え」ボタンを押すと、セルは結合されますが、文字が中央揃えになってしまいます

img20160527_02

↓ ↓ ↓ ↓

 

2.文字は中央揃えにしたくないので、リボンの「セルを結合して中央揃え」ボタン横の▼マークをクリックし、「セルの結合(M)」を選びます。

img20160527_04

 

すると、セルは結合されて、文字は、縦は上下中央に、横は左揃えのままに配置されました。

img20160527_05

 

ウインドウ上部のバーを「クイックアクセスツールバー」と呼びます。

img20150504_01

よく使う操作のアイコンをこのツールバーに設定することで、タブの切り替え等をしなくても常時表示してあるアイコンをワンクリックするだけで操作ができ、効率的に作業ができます。

初期設定では「上書き保存」「元に戻す」「やり直し」操作のアイコンが表示されていますが、別のアイコンを追加することもできます。

では、アイコンの追加方法をご紹介しましょう。

 

★クイックアクセスツールバーにアイコンを追加する方法1★

1.クイックアクセスツールバーのアイコン右横にあるマーク[▼]をクリックし、「印刷プレビューと印刷」を選びます。

img20150504_02

 

クイックアクセスツールバーに「印刷プレビューと印刷」のアイコンが追加されました。

img20150504_13

このアイコンをクリックするだけで下図のように「印刷プレビューと印刷」の画面が表示されます。

「印刷プレビューと印刷」

img20150504_14

 

★ツールバーの一覧にアイコンがない場合★

1.アイコンにしたい操作のボタンを右クリックし、「クイックアクセスツールバーに追加(A)」を選びます。(今回は[ページレイアウト]タブ→「印刷範囲」を追加します)

img20150504_04

 

ツールバーに「印刷範囲」のアイコンが追加されました。

img20150504_05

 

セルに分数「1/5」を入力するとしましょう。
「1」「/」「5」と入力してEnterキーを押すと・・・

img20150312_06

あれ?日付表示になる!
その理由は、エクセルが「1/5」を「日付」と自動判断するからなのです

そこでセルに分数を入力する方法を2つご紹介しましょう。

★表示形式を「分数」にする★

リボンの[表示形式]を「分数」に変更して「1 / 5」と入力します。

img20150312_07

↓↓↓

img20150312_10

 

もしくは、セルを右クリック→[セルの書式設定(F)]→[表示形式]で「分数」を選択します。
「OK」ボタンを押した後に、セルへ「1 / 5」と入力します。

img20150312_08

↓↓↓

img20150312_09

 

 

★文頭に”0”と半角スペースを加える★

「1/5」の前に「0」と「半角スペース」を入力してから「1 / 5」と入力し、[Enter]キーを押します。

img20150312_01

↓↓↓

img20150312_02

(この場合、表示形式は「少数」になります)