資料、振込、会議など、時間厳守のある仕事をしているときに期限を忘れてしまうほど困ったことはないですよね。

そんなとき、エクセルに、期限の数日前から「もうすぐ期限ですよー」と知らせてくれる機能はあれば便利だと思いませんか?

実は、エクセルの条件付き書式を使えば、シートに期限日を入力しておくだけで、期日直前だということを思い出させてくれるのです!
一度、設定しておけば、期日を入力しておくだけでOK!

方法は、「期日から今日の日付を引いた日数が何日前であるか」という数式を入力し、書式を設定するだけです。

書式を強調して期限を知らせる方法(条件付き書式)

資料の提出日をまとめた表があります。

img20160610_00

提出日まで2日を切ったセルを、自動的に強調するようにしましょう。

手順は、関数を使って「今日の日付」を表示し、次に条件付き書式を使って提出日まで2日を切っているセルの背景色が黄色になるように設定していきます。

 

1.今日の日付を表示させたいセル(D1)を選択し、数式バーに=toと半角入力すると、画面に「TODAY」と関数候補が表示されるので、その「TODAY部分をダブルクリックします。

すると数式バーに「=TODAY(」と表示されるので、その後に「)と半角入力し、[Enter]キーを押します

↓ ↓ ↓ ↓

img20160610_01-3

↓ ↓ ↓ ↓

img20160610_01-4

 

今日の日付が表示されました。

img20160610_01-5

関数を使っているので、日付が変わると自動的に日にちも変わります。
だから、一度入力しておけば、毎日、入力し直す必要はありません。

 

次に条件付き書式の設定をしていきます。

2.提出日の日にちのセルを全て選択し、リボンの[スタイル]グループから「条件付き書式」→「新しいルール(N)」をクリックしていきます。

↓ ↓ ↓ ↓

img20160610_02-1

 

3.[新しい書式ルール]のウィンドウが開いたら、「数式を利用して、書式設定するセルを決定」をクリックします。

img20160610_02-2

 

4.数式を入力するウィンドウが開いたら、「次の数式を満たす場合に値を書式設定(O)」の欄をクリックし、「=B3-$D$1<=2」という数式を入力していきます。
この数式は、「提出日から今日の日付を引いた日数が2日以下」という意味です

では、提出日のセルの一つであるセルB3をクリックします。
すると「=$B$3」と絶対値で表示されるので、「=B3(相対値)になるようにファンクションキー「F4」を3回押します

↓ ↓ ↓ ↓

img20160610_02-4

img20160610_02-5

 

5.続けて「(マイナス)と半角入力し、今日の日付のセルD1をクリックします。
こちらも絶対値で表示されますが、今日の日付は固定させておきたいので絶対値のままにしておきます。

img20160610_02-6

 

6.続けて「<=2と半角入力し、下にある「書式(E)」のボタンをクリックします。

img20160610_02-7

 

7.[塗りつぶし]タブをクリックして、背景色(C)の中から黄色のボックスをクリック、「OK」ボタンをクリックします。

書式のプレビューの背景色が黄色になっていたら、「OK」ボタンをクリックします。

img20160610_03

↓ ↓ ↓ ↓

img20160610_03-2

 

すると、資料Bの提出日「2016/6/12」のセルの背景色が黄色になりました。
今日の日付は「2016/6/10」なので、資料Bの提出日は2日後になっていますよね。

img20160610_04

 

今日の日付が変わるごとに、自動的に、提出日から2日切ったセルに背景色がつきます。

img20160610_04-2

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Post Navigation