ひとつのセルに何文字入力しているのかを知りたいときに、どのようにしてかぞえますか?

「ひとつ、ふたつ・・・」と一文字ずつかぞえてもいいのですが、文字数が多くなると大変ですよね。

そんなときに便利な関数が、LEN関数です。

LEN関数は、半角文字、全角文字ともに1文字とかぞえます。

◆LEN(文字列)…指定した文字列の文字数をかぞえる

文字数をかぞえる方法(LEN関数)

LEN関数を使って住所の文字数をかぞえてみましょう。

 

1.文字数を表示させたいセル(C2)を選択し、数式バー横の[fx]関数の挿入ボタンをクリックします。

 

2.関数の挿入ウインドウが開くので、[関数の分類(C):]→「文字列操作」、[関数名(N):]→「LEN」を選び、「OK」ボタンをクリックします。

 

3.関数の挿入ウインドウが開くので、文字列の欄に文字数をかぞえる元のセル(B2)をクリックし、「OK」ボタンをクリックします。

↓ ↓ ↓ ↓

 

文字数が表示されました。

 

4.下のセルにも関数をコピーするために、フィルハンドル(+)をダブルクリックします。

 

下のセルにも文字数が表示されました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Post Navigation