リボンの[配置]にある「セルを結合して中央揃え」のボタンを押すと、簡単にセルを結合したり解消したりできて便利です。

img20160527_00

ところが、文字が入力されている状態で、このボタンを押すと、文字は自動的に中央揃えになっていまいます。

もし、文字を左に配置させたままにしたい場合は、セルを結合したあとに、文字だけを左揃えにしないといけないので、ちょっと不便ですよね。

そんな「セルは結合したいけど、文字は中央揃えにしたくない」というときに、ピッタリな機能(ボタン)があるのでご紹介しましょう。

とっても簡単ながら、意外と知られていなかったりするんですよー。

セルを結合しても文字が中央揃えにならない方法

次の名簿のタイトルを、セルA1からG2のセルを結合して、縦は上下中央、横は左揃えの位置に配置しましょう。

img20160527_01

 

1.結合したいセル(A1~G2)を選択して、リボンの[配置]→「セルを結合して中央揃え」ボタンを押すと、セルは結合されますが、文字が中央揃えになってしまいます

img20160527_02

↓ ↓ ↓ ↓

 

2.文字は中央揃えにしたくないので、リボンの「セルを結合して中央揃え」ボタン横の▼マークをクリックし、「セルの結合(M)」を選びます。

img20160527_04

 

すると、セルは結合されて、文字は、縦は上下中央に、横は左揃えのままに配置されました。

img20160527_05

 

リボンの[編集]の中に「クリア」というボタンがあるのをご存知でしょうか?

img20160520_01
「書式だけを消去してデータだけを残したい」とか、
「データだけを消去して書式や数式は残したい」とか、
「データも書式も全て消去したい」なんていうことがあると思います。

単にデータを削除するだけでは書式が残っていたり、セルごと削除したら再びセルを挿入したり文字入力をしたりと、いろいろと手間がかかりますよね。

そんなときに便利なのがこの「クリア」ボタンなのです。

クリアボタンをうまく使い分ければ、作業が断然早くなりますよ!

クリアボタンの活用法

次の売上表を使って、クリアボタンの活用法を説明していきます。

img20160520_02

 

1.書式を消去して、データだけを残したい場合

クリアボタン横の▼マークをクリックして「書式のクリア(F)」を選びます。

img20160520_03

すると、罫線や背景色などの書式が削除されてデータだけが残ります。
データの文字サイズや太字などの装飾は消去されます。

img20160520_03-2

 

2.データだけを消去して、書式と数式を残したい場合

クリアボタン横の▼マークをクリックして「数式と値のクリア(C)」を選びます。

img20160520_04

すると、データが全て消去されて書式と数式が残ります。

 

img20160520_04-2

 

3.データも書式もすべて消去したい場合

クリアボタン横の▼マークをクリックして「すべてクリア(A)」を選びます。

img20160520_05

すると、データも書式も全て消去されます。

img20160520_05-2

 

連番を自動でつけ直しする方法(ROW関数)

直接入力した連番があります。

img20160513_01

 

もし1行削除したとしたら…

img20160513_02

 

削除した行の番号が抜けて、連番でなくなってしまいます。

img20160513_03

 

そこで今回は、行を削除しても自動的に連番をつけ直しする便利な関数をご紹介します。

それはROW(ロウ)関数です。

ROW関数が入力されているセルの行番号を表示させて、そこから、連番が入力されていない行数(今回では1行目なので「1」)を引いて連番を表示させます。

ではさっそく、操作方法を説明していきましょう。

 

1.連番を表示させたいセル(A2)を選択し、数式バー横の[fx]関数の挿入ボタンをクリックします。

 

2.関数の挿入ウインドウが開くので、[関数の分類(C):]→「検索/行列」、[関数名(N):]→「ROW」を選び、「OK」ボタンをクリックします。

 

3.関数の挿入ウインドウが開いたら、何も入力しないままで「OK」ボタンをクリックします。

※何も入力せずに引数を省略すると、そのセルの行番号が表示されます。
今回の場合は2行目なので「2」と表示されます。

 

4.数式バーに表示されている関数式の後ろをクリックして「-1」と半角入力をし、[Enter]キーを押します。

↓ ↓ ↓ ↓

「1」と表示されました。

 

5.下のセルにも関数をコピーするために、フィルハンドル(+)を下へドラッグします。

 

連番が入力できました。

 

では、ためしに1行削除してみましょう。

img20160513_12

 

削除しても番号が抜けないで連番になります。

img20160513_13