「自動表示させた土日祝に色をつけたい」というリクエストがありましたので、今回から3回にわけて設定方法をご紹介したいと思います。

できるかぎり簡単な関数を使った方法にしていますので、トライしてみてください。

・1回目「曜日を自動で表示する方法」

・2回目「土日に色をつける方法」

・3回目「祝日に色をつける方法」

 

曜日を自動で表示する方法(TEXT関数)

下表の日付に対して隣のセルに曜日を自動で表示させてみましょう。

img20150831_01

 

1.曜日を表示させたいセル(C2)を選択します。

img20150831_02

 

2.そのセルに「=text(B2,”aaa”)」(半角)と入力し、[Enter]キーを押します。

※TEXT関数
 TEXT(値,表示形式)…指定した表示形式の文字列に変換する
表示形式:aaa…日~土、aaaa…日曜日~土曜日

img20150831_03

 

「金」と表示されました。

img20150831_04

 

次に数式を下のセルにコピーしましょう。

3.C2セルの右下にマウスポインターをおいて、フィルハンドル(+)をダブルクリックします。

img20150831_05

 

数式を文字列にするためにコピー&ペーストをしましょう。

4.セルが選択された状態のままで右クリックをし、コピー(C)を選びます。([Ctrl]+[C]でも可能)

img20150831_06

 

5.同じ状態のままふたたび右クリックをし、[貼り付けのオプション:]→「値」アイコンをクリックします。

img20150831_07

 

曜日が文字として貼り付けられました。

img20150831_08

 

次回は「土日に色をつける方法」をご紹介します。

 

 

日付に対して曜日を表示させたいとき、自動で表示できると便利だと思いませんか?

表示形式で設定することで、日付と同じセル内に曜日を表示させることができます。

★日付と同じセル内に曜日を自動表示する方法★

下表の日付の横に曜日を自動で表示するように設定してみましょう。

img20150827_01

 

1.日付が入力してあるセルを選択(ここではB3セル)し、右クリック→「セルの書式設定(F)」を選択します。

img20150827_02

もしくは、[ホーム]タブ→[数値]グループの右下の「斜め矢印」をクリックします。

img20150824_06

2.セルの書式設定ウインドウが開くので、[表示形式]タブの[分類(C):]→「ユーザー定義」を選択し、[種類(I):]欄に表示されている文字の最後に「(aaa)」(※すべて半角)と追加入力します。
サンプル欄に「(水)」と表示されるのを確認したら、「OK」ボタンをクリックします。

img20150827_05

 

日付の横に曜日が自動表示されました。

img20150827_06

下のセルにも設定しましょう。

 

3.B3セルの右下にマウスポインターをおいて、フィルハンドル(+)をダブルクリックします。

img20150827_07

下のセルにも曜日が表示されました。

img20150827_08

 

 

会員番号などで「0」から始まる数字を入力したいことがあると思います。
ところが通常、たとえば下図のように「0001」と入力したら「1」と表示されてしまいます。

img20150824_02

img20150824_03

実は、0を入力しなくても「1」と入力すれば先頭に「0」が自動的について「0001」と表示できる方法があるのです。
その設定方法をご紹介しましょう。

★数字の先頭「0」を自動表示する方法★

下表の会員番号に0から始まる4桁の数字(0001~)を表示してみましょう。

img20150824_01

 

1.数字を入力する範囲を選択します。

img20150824_04

 

2.右クリック→「セルの書式設定(F)」を選択します。

img20150824_05

もしくは、[ホーム]タブ→[数値]グループの右下の「斜め矢印」をクリックします。

img20150824_06

 

3.[表示形式]タブ→分類(C):「ユーザー定義」を選択します。

img20150824_07

 

4.種類(T):の欄「0000」と入力し「OK」ボタンをクリックします。
(3桁にしたい場合は「000」、2桁の場合は「00」と入力します)

img20150824_08

 

5.「0001」と表示させたいセルに「1」と入力し確定します。

img20150824_09

 

「0001」と表示されます。

img20150824_10

下のセルにも表示させましょう。

 

6.A2セルの右下にマウスポインターをおいて、フィルハンドル(+)を下のセルまでドラッグします。

img20150824_11

 

7.オートフィルオプションの「▼」をクリックし、「連続データ(S)」にチェックをつけます。

img20150824_12

 

連番が表示されました。

img20150824_13

 

 

作成した表を別のシートに貼り付けたいときはありませんか?

普通にコピー&貼り付けをして、列幅が違ってレイアウトが崩れてしまうと困りますよね。

そんなときにはこれからご紹介する「表を画像として貼り付ける方法」を使ってみましょう。

貼り付けたあとの元の表は、画像データなので編集はできませんが(拡大縮小は可能)、元の表のデータを変更したときは貼り付けた画像データにも反映されるので便利です。

★表を別のシートに配置する方法★

下の価格表を別シートの個人別売上表の下に配置させてみましょう。

img20150820_02

 

1.貼り付けたい元の表(価格表)を選択し、[ホーム]タブ→「コピー」アイコンをクリックします。

img20150820_03

 

2.貼り付け先のワークシートを選びり付けたい範囲の左上のセルを選択します。
 次に、[ホーム]タブ→貼り付けアイコン下の「▼」をクリックします。

img20150820_04

 

3.[貼り付け]の中から「リンクされた図(I)」を選択します。

img20150820_05

 

価格表がほかのシートに貼り付けられました。

img20150820_06

 

貼り付けられた表は拡大縮小と移動はできますが、データの編集は直接できません。
しかし、元の表を変更した場合は、貼り付けられた表(画像)にも反映されます。
(下図参照)

 

『拡大縮小』

「□」印をドラッグすると・・・

img20150820_10

↓ ↓ ↓ ↓

拡大(縮小)できます。

img20150820_07

 

『元の表のデータ変更→反映』

元の表のデータを\980→¥1,000に変更すると・・・

img20150820_08

↓ ↓ ↓ ↓

変更した箇所が反映されます。

img20150820_09

 

 

表などをコピーして貼り付けたときに、列の幅が変わってしまって困ることはありませんか?

ふたたび、幅を揃えなおすのも面倒ですよね。

そこで、列幅を保ったままコピーする方法をご紹介しましょう。

★列幅を変えずにコピーする方法★

下表を、新しいシートに列幅を保ったままコピー&貼り付けをしてみましょう。

img20150817_01

 

1.コピーしたい範囲を選択し、[ホーム]タブ→「コピー」アイコンをクリックします。

img20150817_02

 

2.貼り付けたい範囲の左上のセルを選択します。(今回は新しいシートに貼り付けます)

img20150817_03

 

3.[ホーム]タブ→「貼り付け」アイコンをクリックし、貼り付けられたデータはそのまま選択した状態にしておきます。

img20150817_04

列幅がコピーされていないので、元の列幅を保たせるようにします。

4.[ホーム]タブ→[貼り付け]アイコン下の「▼」マークをクリックして、「元の列幅を保持(W)」アイコンを選択します。

img20150817_05

 

列幅が適用され、元と同じ列幅になりました。

img20150817_06

 

 

同じセル内にふりがなを表示する方法をご紹介しましたが、検索などで別のセルにふりがなを表示させたいときもあるかと思います。

そのような場合は、PHONETIC関数を使うと便利です。

ただし、関数で表示したふりがなは、そのままでは編集できないので、最後にコピーをして値貼り付けをします。

◆PHONETIC(範囲)…指定したふりがなを取り出す

 

★別のセルにふりがなを表示する方法(PHONETIC関数)★

下の名簿の「かな」欄にふりがなを表示させてみましょう。

img20150813_01

[順序]
ふりがなの設定→関数でふりがな表示→関数を文字(値)に変える

 

1.ふりがなを表示させたい元のセルを選択し、[ホーム]タブ→[ふりがなの表示/非表示]アイコン横の「▼」→「ふりがなの設定(T)」を選択します。

img20150813_02

 

2.今回はひらがなで表示させたいので、[ふりがな]タブ→[種類]「ひらがな(H)」、[配置]「左寄せ(L)」にチェックをつけて「OK」ボタンを押します。

img20150813_03

 

3.ふりがなを表示させたいセル(C2)を選択し、数式バー横の[fx]をクリックします。

img20150813_15

 

4.関数の挿入ウインドウが開くので、[関数の分類(C):]→「情報」、[関数名(N):]→「PHONETIC」を選び、「OK」ボタンをクリックします。

img20150813_16

↓ ↓ ↓

img20150813_17

 

5.ふりがな表示したい元のセル(B2セル)をクリックします。(自動的に[参照]欄に表示される)
「OK」ボタンをクリックします。

img20150813_187

 

ふりがなが表示されました。

img20150813_07

 

関数のままではふりがなを編集(修正など)できないので、ふりがなを文字(値)に変えます。

img20150813_13

 

 

6.下のセルにもふりがなを表示させるために、フィルハンドル(+)を下へドラッグします。

img20150813_08

 

7.セルが選択された状態のままで右クリックをし、コピー(C)を選びます。

img20150813_09

 

8.同じ状態のままふたたび右クリックをし、[貼り付けのオプション:]→「値」アイコンをクリックします。

img20150813_10

 

ふりがなを文字(値)として貼り付けたので、編集が自由にできるようになりました。

img20150813_14

↓編集中

img20150813_12

 

 

人名を漢字で入力したあとにふりがなを表示させることができます。

また、表示されたふりがなは、修正をしたり、「ひらがな」「カタカナ」「全角半角」「文字の大きさ」など書式の設定ができます。

※ただし、Wordなどほかのソフトで入力したデータを貼り付けた場合は、ふりがな表示はできませんのでご注意を。

★人名のふりがなを表示する方法★

下表の氏名にふりがなを表示させてみましょう。

img20150810_01

 

1.ふりがなを表示させたいセルを選択します。

img20150810_02

 

2.[ホーム]タブ→[ふりがなの表示/非表示]アイコン横の「▼」→「ふりがなの表示(S)」を選択します。

img20150810_03

 

ふりがなが表示されました。

img20150810_04

 

●ふりがなを編集する

「イチコ」を「カズコ」に変更してみましょう。

 

1.変更したいふりがなのセルを選択し、[ホーム]タブ→[ふりがなの表示/非表示]アイコン横の「▼」→「ふりがなの編集(E)」を選択します。

img20150810_05

 

2.編集可能な状態になるので、「カズコ」と入力し[Enter]キーを押します。

img20150810_06

↓ ↓

img20150810_07

 

「カズコ」に変更できました。

img20150810_08

 

●ふりがなの設定をする

ふりがなの書式を「ひらがな」「均等割り付け」に設定してみましょう。

 

1.書式設定したいふりがなのセルを選択し、[ホーム]タブ→[ふりがなの表示/非表示]アイコン横の「▼」→「ふりがなの設定(T)」を選択します。

img20150810_09

 

2.[ふりがなの設定ウインドウ]が開くので、[ふりがな]タブ→[種類]「ひらがな(H)」、[配置]「均等割り付け(D)」にチェックをつけて「OK」ボタンを押します。

img20150810_10

 

ふりがなが「ひらがな」「均等割り付け」に設定できました。

img20150810_11

- - - - - - - - - - - - -

<参考>「フォント」タブでは以下の項目が設定できます。

img20150810_12

 

 

ひとつのセルに氏名を入力したあとに、姓と名を別々にしたいということはありませんか?

「区切り位置」の機能を使えば、姓名の長さ(文字数)に関係なく、簡単に分割することができます。

事前に、氏名の姓と名の間に「区切り位置」となる「スペース」を入れておくことをお忘れなく!

 ★文字列を別のセルに分割する方法(区切り位置)★

下の名簿の氏名を、「姓」と「名」のセルに分割してみましょう。

「氏名」列の隣に列を挿入して、「名」の部分を隣のセルに移動させます。

img20150806_01

 

1.「名」列を作るために、「〒」(C列)を右クリックして「挿入(I)」を選択します。

img20150806_02

 

2.挿入できたら項目名「名」と入力し、「氏名」を「姓」に変更します。

img20150806_03

img20150806_04

 

3.分割する文字列を選択します。

img20150806_05

 

4.[データ]タブ→「区切り位置」を選択します。

img20150806_06

 

5.ウィザードが表示されたら、[データのファイル形式を選択してください:]で「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ(D)」にチェックを入れ(初期設定ではもとからチェックが入っている)、「次へ(N)」ボタンを押します。

img20150806_07

 

6.[区切り文字]では「タブ」のチェックをはずして「スペース」にチェックを入れます。正しく区切られているかを確認してから「完了(F)」ボタンを押します。

([区切り文字]は区切るために挿入しているものを選択してください。今回は「スペース」です)

img20150806_08

 

7.下記のような表示がでたら「OK」を選択します。(区切られた文字が隣のセルに上書きされます

もし上書きしたくない場合はキャンセルを選択し、区切った文字を表示させる列をあらかじめ作っておきましょう。

img20150806_09

 

氏名が「姓」列と「名」列に分割されました。

img20150806_10

 

同じ文字や数字をたくさんのセルに入力しなければいけないとき。

すべてを手入力するのは労力と時間がかかって大変ですよね。

そこで、あらかじめ範囲選択して同じデータを一括入力できる方法をご紹介しましょう。

★複数のセルに同じデータを一括入力する方法★

下表の「第1期」と「第2期」列に、「入金済み」を一括入力してみましょう。

img20150803_01

 

1.「第1期」と「第2期」のセルを範囲選択します。

img20150803_02

 

2.「入金済み」と入力します。

img20150803_03

 

3.文字入力を確定させて、[Ctrl]+[Enter]キーを押します。

img20150803_04

 

選択したセルに同じ文字が一括入力されました。

img20150803_05

 

※離れたセルでも一括入力はできます。

(例)セルB3~B5とセルC6~C8を範囲選択し、上記の2、3の操作を行ないます。

セルを選択する ↓

img20150803_07

離れたセルも選ぶときは、[Ctrl]キーを押しながら選択する ↓

img20150803_08

文字入力をして[Ctrl]+[Enter]キーを押す ↓

img20150803_10