前回、図形を上下の真ん中に揃えましたが、配置の間隔が等しくなっていません。

img20150525_04

「配置」には、図形を揃えるだけでなく等間隔で整列する機能もあるのでご紹介しましょう。

 

★図形を等間隔に配置する方法★

下図の配置を等間隔にしてみましょう。

img20150528_01

 

今回は図形を個別に選択するのではなく、ドラッグで範囲指定して選択します。

1.[ホーム]タブ→[検索と選択](リボンの右端)→「オブジェクトの選択(O)」を選択します。

img20150528_02

 

2.マウスカーソルが矢印になるので、選びたい図形をすべて囲むようにドラッグします。

img20150528_03

図形が選択されます。

img20150528_04

※カーソルを元に戻すときは、再び「オブジェクトの選択(O)」を選択します。

 

3.[描画ツール]→[書式]タブを選び、[配置]→「左右に整列(H)」を選択します。

img20150525_03_1

↓ ↓ ↓ ↓

img20150528_05

 

図形が等間隔で配置されました。

img20150528_06

同様に上下の配置もできますので試してみてください。

 

たくさんの図形を描いて作業しているときに、

左右の位置をそろえたい
上下の中央にあわせて配置したい

など、図形の配置を揃えたいときはありませんか?

目分量で揃えるとズレがでてきますよね。

そんなときに便利な機能があるのでご紹介しましょう。

 

★図形を左右、上下に配置を揃える方法★

3つの図形を左に揃えてみましょう。

1.揃えたい図形を選択します。

img20150525_05

 

2.[描画ツール]→[書式]タブを選び、[配置]→「左揃え(L)」を選択します。

img20150525_03_1

↓ ↓ ↓ ↓

img20150525_06

 

図形が左に揃えられました。

img20150525_07

 

————————-

次は異なる図形を上下の真ん中に揃えてみましょう。

1.揃えたい図形を選択します。

img20150525_02

 

2.[描画ツール]→[書式]タブを選び、[配置]→「上下中央揃え(M)」を選択します。

img20150525_03_1

↓ ↓ ↓ ↓

img20150525_03_2

 

図形が上下の真ん中に揃いました。

img20150525_04

 

 

描いた図形を別の図形に変えたい場合、一度消してから新たに図形を描いていませんか?

図形の変更機能を使えば、図形をいちいち消すことなく、簡単に同じ大きさのまま差し替えることができます。

 

★図形を別の図形に簡単に変更する方法★

長方形を十字形に変更してみましょう。

1.変更したい図形を選択します。

img20150521_01

 

2.図形を選択すると[描画ツール]になるので、[書式]タブ→[図形の編集]→[図形の変更]→変更したい図形を選びます。(今回は「十字形」を選択)

img20150521_02

 

長方形が十字型に変更されました。

img20150521_03

 

シートには最初からセルの枠線が表示されています。
しかし作成するものによっては、セルの枠線を消したいときがあります。
一方、他の人が作成したデータを開くと枠線が消えていて、作業するために枠線を表示したい場合もあります。

そこで枠線を非表示・表示する方法をご紹介します。

 

★セルの枠線を非表示・表示する方法★

下図のセルの枠線を非表示にしてみましょう。

img20150518_01

 

1.[表示]タブ→[表示]の「枠線」欄にチェックが入っているので、

img20150518_02

 

チェックを外します。

img20150518_03

 

セルの枠線が非表示になりました。

img20150518_04

枠線を表示させたい場合は、「枠線」欄にチェックを入れます。

 

集計表で合計を出したいときに、数式を入力してそのセルをコピーして貼り付けて…という作業では時間と手間がかかりますよね。

そんな時に「オートSUM」という機能を使えば、簡単で自動的に合計を出すことができます。

 

★オートSUMで簡単に合計する方法★

下表のように、4月~6月の支店別合計を出しましょう。

img20150514_00

 

1.合計を表示したいセルを選択します。

img20150514_01

 

2.「編集」タブ→「Σ オートSUM」をクリックします。

img20150514_02

 

3.合計されるセルが点線枠で表示されるので範囲を確認して、再び「Σ オートSUM」をクリックするか、もしくは「Enter」キーを押します。
img20150514_03

 

札幌支店の4月~6月の合計が表示されました。

img20150514_04

 

残りの支店の合計も出してみましょう。

4.合計セルを選択した状態でセルの右下にマウスの矢印をもっていくと、矢印が「+」マーク(フィルハンドル)に変わるので、そのまま一番下のセルまでドラッグします。

img20150514_05

 

一番上のセルの数式がコピーされて、全支店の合計が計算されました。

img20150514_06

 

エクセルにホームページのURL(メールアドレス)を入力すると、自動的にリンク設定された状態になります。(ハイパーリンク)
リンク設定してあれば、クリックするだけで自動的にブラウザが起動してホームページにアクセスされ便利です。
(メールアドレスの場合は、メーラーが起動します。)

便利な機能なのですが、たとえば、名簿を作っていて、URLやメールアドレスを入力する際に、意図せずにブラウザやメーラーが起動して困るなんてことありませんか?

そんなときは、リンク設定を削除する、もしくは、初めに自動的にリンク設定がされないようにしておくととよいでしょう。

それでは、今回は「リンク設定を削除する方法」そして「自動的にリンク設定されないようにする方法」をご紹介します。

 

★ハイパーリンクを削除する方法★

下表1行目のURLのリンク設定を削除しましょう。

(青文字に下線がある状態はリンクが設定されています)

img20150511_01

 

1.リンクを削除したいセルを右クリック→「ハイパーリンクの削除(R)」を選択します。

img20150511_02

 

1行目のリンク設定が削除されました。

img20150511_03

 

★ハイパーリンクを自動的に設定されないようにする方法★

入力する前に「オプション」メニューで設定します。

1.「ファイル」タブをクリックします。

img20150511_04

 

2.「オプション」を選択します。

img20150511_05

 

3.「文書校正」→「オートコレクトのオプション(A)」ボタンをクリックします。

img20150511_06

 

4.[オートコレクト]タグ→「[オートコレクト オプション]ボタンを表示する(H)」チェックを外し、「OK」ボタンをクリックします。

img20150511_07

 

5.「OK」ボタンをクリックします。

img20150511_08

この設定をしておけば、自動的にリンク設定されることはありません。

 

前回に引き続き、よく使う操作のアイコンをクイックアクセスツールバーに追加、削除する方法をご紹介します。

●クイックアクセスツールバーから直接削除する方法

●オプションウィンドウから追加、削除する方法

 

★クイックアクセスツールバーからアイコンを削除する方法★

「名前を付けて保存」のアイコンを削除しましょう。

1.削除したいアイコンを右クリックし、「クイックアクセスツールバーから削除(R)」を選びます。

img20150507_01

 

ツールバーから「名前を付けて保存」アイコンが削除されました。

img20150504_03

 

★オプションウインドウから追加・削除する方法★

「名前を付けて保存」アイコンを追加、「印刷設定」アイコンを削除してみましょう。

 

<「名前を付けて保存」アイコンを追加>

1.クイックアクセスツールバーのアイコン右横にあるマーク[▼]をクリックし、「その他のコマンド(M)」を選びます。

img20150504_06

 

2.コマンドの選択(C)[基本的なコマンド]から「名前を付けて保存」をクリックし、「追加(A)>>」ボタンをクリックします。

img20150504_07

 

右の欄に「名前を付けて保存」アイコンが追加されました。

img20150504_08

 

<「印刷設定」アイコンを削除>

3.次に右の欄から「印刷設定」アイコンをクリックし、「<<削除(R)」ボタンをクリックします。

img20150504_09

 

4.アイコンの追加、削除が設定できたら「OK」ボタンをクリックします。

img20150504_10

 

「名前を付けて保存」アイコンが追加され、「印刷設定」アイコンが削除されました。

img20150504_11

 

 

ウインドウ上部のバーを「クイックアクセスツールバー」と呼びます。

img20150504_01

よく使う操作のアイコンをこのツールバーに設定することで、タブの切り替え等をしなくても常時表示してあるアイコンをワンクリックするだけで操作ができ、効率的に作業ができます。

初期設定では「上書き保存」「元に戻す」「やり直し」操作のアイコンが表示されていますが、別のアイコンを追加することもできます。

では、アイコンの追加方法をご紹介しましょう。

 

★クイックアクセスツールバーにアイコンを追加する方法1★

1.クイックアクセスツールバーのアイコン右横にあるマーク[▼]をクリックし、「印刷プレビューと印刷」を選びます。

img20150504_02

 

クイックアクセスツールバーに「印刷プレビューと印刷」のアイコンが追加されました。

img20150504_13

このアイコンをクリックするだけで下図のように「印刷プレビューと印刷」の画面が表示されます。

「印刷プレビューと印刷」

img20150504_14

 

★ツールバーの一覧にアイコンがない場合★

1.アイコンにしたい操作のボタンを右クリックし、「クイックアクセスツールバーに追加(A)」を選びます。(今回は[ページレイアウト]タブ→「印刷範囲」を追加します)

img20150504_04

 

ツールバーに「印刷範囲」のアイコンが追加されました。

img20150504_05