住所を都道府県とそれ以降の住所に分ける方法<1>では、まず都道府県だけを表示させました。

では今回は、都道府県をのぞいた残りの住所を表示する方法をご紹介しましょう。

使う関数はRIGHT関数LEN関数だけです。

住所を都道府県とそれ以降の住所に分ける方法<2>

住所(D列)に都道府県をのぞいた残りの住所を表示させましょう。

 

【考え方】

「元の住所」から「都道府県」の文字をのぞいて「住所(D列)」に表示する、と考えます。

具体的にいうと、RIGHT関数を使って、元の住所(B列)の文字を右側から取り出すのですが、そのときに「元の住所(B列)の文字数から都道府県(C列)を引いた文字数」取り出します。(下図参照)

 

【関数式】

=RIGHT(B2,LEN(B2)-LEN(C2))

B2元の住所(B列)の右側から
LEN(B2)-LEN(C2)「元の住所(B列)の文字数」から「都道府県(C列)の文字数」を差し引いた文字


 

1.都道府県をのぞいた住所を表示させたいセル(D2)を選択し、数式バー横の[fx]関数の挿入ボタンをクリックします。

 

2.関数の挿入ウインドウが開くので、[関数の分類(C):]→「文字列操作」、[関数名(N):]→「RIGHT」を選び、「OK」ボタンをクリックします。

 

3.RIGHT関数の引数ウインドウが開きます。まず、文字列の欄には、元の住所のセル(B2)をクリックして入力します。

 

4.次に名前ボックスの(A列の上部にある)▼マークをクリックして「LEN」を選びます。もしも「LEN」がないときは、下の「その他の関数」をクリックして関数の挿入ウインドウから「LEN」を選びます。

 

5.LEN関数の関数の引数ウインドウが開きますので、文字列の欄には、元の住所のセル(B2)をクリックします。

↓ ↓ ↓ ↓

 

6.次に、下の「OK」ボタンはクリックしないで数式バーに表示されている「RIGHT」の文字のところをクリックします。

 

7.再び、RIGHT関数の引数ウインドウが開くので、文字数欄に「LEN(B2)」と表示されていれば、そのあとに続けて「」と半角入力します。

↓ ↓ ↓ ↓

 

8.ふたたびLEN関数を入力するために、名前ボックスの(A列の上部にある)▼マークをクリックして「LEN」を選びます。もしも「LEN」がないときは、下の「その他の関数」をクリックして関数の挿入ウインドウから「LEN」を選びます。

 

9.LEN関数の関数の引数ウインドウが開きますので、文字列の欄には、都道府県のセル(C2)をクリックし、「OK」ボタンをクリックします。

↓ ↓ ↓ ↓

 

都道府県をのぞいた住所が表示されました。

 

10.下のセルにも関数をコピーするために、フィルハンドル(+)をダブルクリックします。

 

下のセルにも、都道府県をのぞいた住所が正しく表示されました。

img20160330_00

 

ひとつのセルに何文字入力しているのかを知りたいときに、どのようにしてかぞえますか?

「ひとつ、ふたつ・・・」と一文字ずつかぞえてもいいのですが、文字数が多くなると大変ですよね。

そんなときに便利な関数が、LEN関数です。

LEN関数は、半角文字、全角文字ともに1文字とかぞえます。

◆LEN(文字列)…指定した文字列の文字数をかぞえる

文字数をかぞえる方法(LEN関数)

LEN関数を使って住所の文字数をかぞえてみましょう。

 

1.文字数を表示させたいセル(C2)を選択し、数式バー横の[fx]関数の挿入ボタンをクリックします。

 

2.関数の挿入ウインドウが開くので、[関数の分類(C):]→「文字列操作」、[関数名(N):]→「LEN」を選び、「OK」ボタンをクリックします。

 

3.関数の挿入ウインドウが開くので、文字列の欄に文字数をかぞえる元のセル(B2)をクリックし、「OK」ボタンをクリックします。

↓ ↓ ↓ ↓

 

文字数が表示されました。

 

4.下のセルにも関数をコピーするために、フィルハンドル(+)をダブルクリックします。

 

下のセルにも文字数が表示されました。