前回、文字の一部分だけを取り出す方法としてLFET関数とRIGHT関数をご紹介しました。

では、同じく文字を取り出したい場合でも、「頭文字から数えて○番目の文字から何文字分かを取り出したい」というときはどのようにすればよいでしょうか。

その場合にはMID(ミッド)関数を使いましょう。

MID関数は、文字の指定した位置から任意の文字数を取り出します。

◆MID(文字列,開始位置,文字数)…指定した文字列の位置から指定した文字数を取り出す

文字の一部分だけを指定した位置から取り出す方法(MID関数)

MID関数を使ってカレンダーのサイズ部分の2文字だけ(A4・卓上・壁掛)を取り出してみましょう。

 

1.サイズを表示させたいセル(C2)を選択し、数式バー横の[fx]関数の挿入ボタンをクリックします。

 

2.関数の挿入ウインドウが開くので、[関数の分類(C):]→「文字列操作」、[関数名(N):]→「MID」を選び、「OK」ボタンをクリックします。

 

3.関数の挿入ウインドウが開くので、文字列の欄に文字を取り出す元のセル(B2)をクリックします。

↓ ↓ ↓ ↓

img20160317_05

↓ ↓ ↓ ↓

img20160317_05_2

 

4.取り出したい文字が、頭文字から数えて6文字目の位置にあるので、開始位置の欄に「6」と半角入力します。

img20160317_06

 

5.取り出したい文字数は2文字(「A」と「4」)なので、文字数の欄に「2」と半角入力し、「OK」ボタンをクリックします。

img20160317_07

 

サイズ「A4」が表示されました。

 

6.下のセルにも関数をコピーするために、フィルハンドル(+)をダブルクリックします。

 

7.このままだと罫線ごとコピーしてしまうので、オートフィルオプションの「▼」をクリックし、「書式なしコピー(フィル)(O)」にチェックを入れます。

img20160317_10

 

下のセルに、罫線はコピーされずサイズだけが表示されました。

 

 

日付を入力する作業は何かと多いかと思います。
一つずつセルに手入力していては手間も時間もかかりますよね。
そこで、効率的に入力できる方法をご紹介しましょう。

・平日だけを連続入力したい
・1ヶ月以上(大量)の日付を一括入力したい

という、条件つきでの入力方法もご紹介します。

用途に応じて便利な方法を使いわけてみてください!

 

 

★連続した日付を入力する方法★

1.一番最初の日付を入力し、セルの右下の「+」(フィルハンドル)マークを日付入力最後のセルまでドラッグします。

img20150319_02

 

日付が連続で入力されました。

img20150319_03

 

 

★平日のみの連続した日付を入力する方法★

1.一番最初の日付を入力し、セルの右下の「+」(フィルハンドル)マークを日付入力最後のセルまでドラッグします。

img20150319_02

 

2.一番最後のセルの右下に表示される「オートフィルオプション」の「▼」を選択します。

img20150319_03

 

3.項目の中から[連続データ(週日単位)(W)]の○にチェックをします。

img20150319_04

 

土曜日、日曜日なしの平日のみ日付が連続入力できました。

img20150319_05

 

 

★大量日付を一括入力する方法★

ここでは2015年3月10日から3月31日までを入力します。

1.一番最初の日付を入力し、[ホーム]タブ→[フィルボタン]の▼を選択し、[連続データの作成(S)]を選択します。

img20150319_06

 

2.範囲:[]、種類:[日付]、停止値:[3/31]と選択、入力し、「OK」ボタンを押します。

img20150319_07

 

3月10日から31日が一括入力ができました。

img20150319_08