商品別の購入者数、売上額別の社員数など、ある条件を満たすセルの個数(データの数)をもとめたい場合は、COUNTIF関数を使ってみましょう。

範囲と条件を指定するだけで簡単にもとめられます。

◇COUNTIF関数・・・指定した範囲内の検索条件を満たすセルの個数をもとめます。

条件と一致するセルの個数をもとめる方法(COUNTIF関数)

下表の「人数別世帯数」をCOUNTIF関数を使ってもとめてみましょう。

img20150928_01

 

1.世帯数をもとめるセル(E6)を選択し、関数の挿入ボタン「fx」をクリックします。

img20150928_01-1

 

2.関数の挿入ウインドウが開くので、[関数の分類(C)]から「総計」を選び、[関数名(N)]から「COUNTIF」を選び「OK」ボタンをクリックします。

img20150928_02

 

3.「範囲」欄をクリックし、B2からB13をドラッグします。

img20150928_03

↓ ↓ ↓

img20150928_04

 

4.「範囲」欄に「B2:B13」と自動的に入力されます。
そのまま[F4]キー(ファンクションキー)を1回押して絶対参照にします。
(数式をコピーしたときに、範囲が変わらないように絶対参照にします)

img20150928_05

 

5.次に「検索条件」欄をクリック→D6を選択します。「OK」ボタンをクリックします。

img20150928_06

 

ほかにも、「2」と直接入力する方法もあります。
(検索条件が文字列の場合は「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます。)

img20150928_06-1

 

人数が2の世帯数の数がもとめられました。

【数式の意味】
「B2からB13」の範囲の中で、「D6」(または「2」)と同じデータの数をかぞえます。

img20150928_07

 

数式をコピーして、人数が「3」「4」の世帯数をもとめてみましょう。

6.コピーするセルの右下にマウスポインターをおいて、フィルハンドル(+)を「4」の世帯数のセルまでドラッグします。

img20150928_08

コピーされました。

img20150928_09

 

「5以上」の世帯数をもとめる場合は、検索条件に注意しましょう。

7.「検索条件」欄に「>=5」と直接入力し、「OK」ボタンをクリックします。

img20150928_10

【参考】
「>=○」は「○以上」「<=○」は「○以下」をあらわします。

 

すべての人数別世帯数がもとめられました。

img20150928_11

 

 

「自動表示させた土日祝に色をつけたい」の3回目です。

「祝日に色をつける方法」として、条件付き書式とCOUNTIF関数を使います。
※COUNTIF関数
 COUNTIF(範囲、検索条件)…指定した範囲から検索条件を満たすデータの数を求める

設定方法を細かくご紹介しているのでやや長めになっていますが、これで完成となりますので試してみてくださいね。

 

祝日に色をつける方法(条件付き書式・COUNTIF関数)

以下の順序で設定していきましょう。
・祝日一覧表の作成
・条件付き書式のルール設定
・ルールの優先順位変更

 

1.別のシートに祝日の一覧表を作成し、シート名を「祝日」とします。

img20150907_01

 

2.土日に色がついている状態で、色をつけたい曜日の列(C列)を範囲選択します。

img20150907_02

 

3.[ホーム]タブ→[スタイル]の「条件付き書式」→「新しいルール(N)」を選択します。

img20150903_02

img20150907_04

 

4.[ルールの種類を選択してください(S)]から「►数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。

img20150907_05

 

5.次の数式を順次入力していきます。

=COUNTIF(祝日!$A$2:$A$16,’5月’!$B2)=1

これは「祝日シート-祝日一覧表の範囲(祝日!$A$2:$A$16)の中から、検索条件の日付(’5月’!$B2)の数が1回(=1)であれば色をつける」という意味をあらわしています。

つまり、5月シートの日付(C列)のうち、祝日一覧表の中の日付と一致する日付の曜日は色が変わり、一致しなければ変わらないということです。

 

では以下の順で数式を完成させていきましょう。

[次の数式を満たす場合に値を書式設定(O)]の欄に「=COUNTIF(」と半角で入力します。

img20150907_06

 

6.「祝日」シートの祝日一覧表から、祝日の日付部分(A2からA16)をドラッグして範囲選択します。

img20150907_07

すると、下図の赤線部分のように自動的に範囲が入力されます。

img20150907_08

 

7.続けて「,」と半角入力し、カレンダー日付の「2015/5/1」(セルB2)をクリックします。

img20150907_09

img20150907_10

 

8.セルB2を選択したら「$B$2」となっているので、[F4]キーを2回押して$B2」(列は絶対値、行は相対値)にしてから、続けて「)=1」と半角入力します。

img20150907_11

=COUNTIF(祝日!$A$2:$A$16,’5月’!$B2)=1」と入力できていれば、「書式(F)」を選択します。

 

9.[フォント]タブ→[色(C)]の「▼」→「オレンジ」を選択し、欄がオレンジ色になっていれば「OK」ボタンをクリックします。(プレビューに表示されます)

img20150907_12

 

10.ルールの一覧に追加されているのを確認したら「適用」をクリックします。

img20150907_14

祝日(5/3、4、5)の曜日がオレンジ色になりました。

img20150907_15

 

日曜日が祝日であるとき、日曜日の赤色を優先したい場合は、ルールの表示順位を変更しましょう。

ルールの順位は上からが優先となるので、「祝日のルール」を「日曜のルール」の下に移動させます。

11.「祝日のルール」を選んで、右上部の「▼」ボタンをクリックします。

img20150907_16

 

「祝日のルール」が「日曜のルール」の下に移動しました。

img20150907_17

「OK」ボタンをクリックします。

 

5/3(日・祝)の曜日がオレンジ色から赤色に変わりました。

img20150907_18