文字変換シリーズの第3段です。

英字の大文字をキーボードから入力するはどのようにしていますか?
Shiftキーを押しながら打つのも指が大変だし、Caps Lockをかけたままでは小文字を打つときにややこしいし、と、英字の大文字を打ち込むのは意外と手間だったりもします。

そこで、もしすべての英字を大文字の表記にしたいときは「UPPER(アッパー)関数」を使いましょう。
UPPER関数は、すべての英字を大文字に変換します。
なので、UPPER関数を使えば、小文字が混ざっていたり、すべてが小文字だったりしても、一発で大文字に変換できるのです。
操作は簡単で、関数を選んで大文字にしたい文字の入っているセルを選ぶだけです。

一方、英字をすべて小文字に変換する関数は「LOWER(ロワー)関数」といいます。
操作方法はUPPER関数と同じなので、セットで覚えておくといいですね。

◇UPPER(アッパー)関数…英字をすべて大文字に変換する /UPPER(文字列)
◇LOWER(ロワー)関数…英字をすべて小文字に変換する /LOWER(文字列)

英字をすべて大文字に変換する方法(UPPER関数)

文字と小文字が混じっている英字をすべて大文字表記に変換しましょう。

 

1.大文字を表示させるセル(B2)を選択し、関数の挿入ボタン「fx」をクリックします。

img20151001_02_1

 

2.関数の挿入ウインドウが開くので、[関数の分類(C)]から「文字列操作」を選び、[関数名(N)]から「UPPER」を選び「OK」ボタンをクリックします。(小文字表記にしたいときは「LOWER」を選びます)

 

3.「文字列」欄に、セルA2を選択します。

↓ ↓ ↓

 

4.「文字列」欄に「A2」と表示されたら、「OK」ボタンをクリックします。

 

すべて大文字に変換されました。

 

では、数式を下のセルにコピーしましょう。

5.コピーするセル(B2)の右下にマウスポインターをおいて、フィルハンドル(+)をダブルクリックします。

 

ほかのセルの文字もすべて大文字に変換されました。