同じセル内にふりがなを表示する方法をご紹介しましたが、検索などで別のセルにふりがなを表示させたいときもあるかと思います。

そのような場合は、PHONETIC関数を使うと便利です。

ただし、関数で表示したふりがなは、そのままでは編集できないので、最後にコピーをして値貼り付けをします。

◆PHONETIC(範囲)…指定したふりがなを取り出す

 

★別のセルにふりがなを表示する方法(PHONETIC関数)★

下の名簿の「かな」欄にふりがなを表示させてみましょう。

img20150813_01

[順序]
ふりがなの設定→関数でふりがな表示→関数を文字(値)に変える

 

1.ふりがなを表示させたい元のセルを選択し、[ホーム]タブ→[ふりがなの表示/非表示]アイコン横の「▼」→「ふりがなの設定(T)」を選択します。

img20150813_02

 

2.今回はひらがなで表示させたいので、[ふりがな]タブ→[種類]「ひらがな(H)」、[配置]「左寄せ(L)」にチェックをつけて「OK」ボタンを押します。

img20150813_03

 

3.ふりがなを表示させたいセル(C2)を選択し、数式バー横の[fx]をクリックします。

img20150813_15

 

4.関数の挿入ウインドウが開くので、[関数の分類(C):]→「情報」、[関数名(N):]→「PHONETIC」を選び、「OK」ボタンをクリックします。

img20150813_16

↓ ↓ ↓

img20150813_17

 

5.ふりがな表示したい元のセル(B2セル)をクリックします。(自動的に[参照]欄に表示される)
「OK」ボタンをクリックします。

img20150813_187

 

ふりがなが表示されました。

img20150813_07

 

関数のままではふりがなを編集(修正など)できないので、ふりがなを文字(値)に変えます。

img20150813_13

 

 

6.下のセルにもふりがなを表示させるために、フィルハンドル(+)を下へドラッグします。

img20150813_08

 

7.セルが選択された状態のままで右クリックをし、コピー(C)を選びます。

img20150813_09

 

8.同じ状態のままふたたび右クリックをし、[貼り付けのオプション:]→「値」アイコンをクリックします。

img20150813_10

 

ふりがなを文字(値)として貼り付けたので、編集が自由にできるようになりました。

img20150813_14

↓編集中

img20150813_12