最近では、見積書などの書類をメールで送ることが増えていますよね。

しかし、エクセルで作ったファイルをそのままで送ってしまうと、メールを受け取った人がうっかり編集してしまったり、無断で内容を変更する可能性があります。

それでは困りますよね。

そこで、不都合を防ぐために、エクセルファイルをPDFファイルで保存して、そのPDFファイルを送付することをおすすめします。

 

ちなみにPDFファイルは、書式やレイアウトをそのまま画像のように保存するので、エクセル上で再度編集しようと思ってもできません。(編集するには専用ソフトが必要)
ですから、あやまって編集して上書きしたり、勝手に変更される心配がないのです。

PDFファイルを表示するには、Adobe Acrobat Readerが必要となりますが、パソコンにはじめから入っていたり、無料で配布されていますので、だれにでも見ることができますよ。
そのうえ、そのまま印刷もできるので相手にとっても便利なのです。

では今回は、エクセルファイルをPDFファイルに保存する方法をご紹介しましょう。

エクセルファイルをPDFで保存する方法

手順は簡単です。
PDFファイルにしたいファイルを開き、[名前を付けて保存]でファイルの種類を「PDF」に変更してから保存します。
では、エクセルファイル「見積書.xlsx」をPDFファイルとして保存してみましょう。

 

1.PDFファイルで保存したいファイルを開いて、[ファイル]タグをクリックします。

img20151123_01

 

2.メニューの中から「名前を付けて保存」を選びます。

img20151123_02

 

3.PDFファイルを保存したい場所を指定するために「参照」ボタンをクリックします。

img20151123_03

 

4.「名前を付けて保存」のウィンドウが開くので、保存する場所を指定してから、[ファイルの種類(T):]の右端▼マークをクリックして、「PDF(*.pdf)」を選びます。

img20151123_04

 

5.ファイル名が「見積書.pdf」となっているのを確認してください。
次に「最適化」と「発行後にファイルを開く(E)」の設定ですが、必要がなければそのまま「保存」ボタンをクリックしてください。

img20151123_05

最適化・・・
●標準(オンライン発行および印刷)(A)
…ファイルの印刷品質を高くする場合(きれいに印刷したいとき)

●最小サイズ(オンライン発行)(M)
…印刷品質よりもファイル サイズを優先する場合(ファイルの容量を小さくしたいとき)

発行後にファイルを開く(E)・・・
PDFファイルとして保存したあとに、自動的にそのファイルを開くかどうかを選ぶ。通常はチェックが入っている。

 

PDFファイルとして保存するページの指定などは、「オプション(O)」で設定します。

img20151123_06

 

6.設定ができれば「保存」ボタンをクリックします。

img20151123_07

 

保存されたPDFファイルが自動的に表示されます。
設定通りに保存できているかを確認しましょう。

img20151123_08

※PDFファイルが表示されないとき
パソコンに無料ソフト「Adobe Acrobat Reader」が入っていない場合は、「Adobeのサイト」からダウンロードしてください。