行の挿入をすると「上の行」、列を挿入すると「左の列」、の書式が勝手にコピーされて困ったことはありませんか?

これは初期設定で、自動的にコピーされるようになっているからなんです。

とはいえ、挿入したあとに、わざわざ罫線を消したり、文字の大きさを変えたりと、書式設定をしなおさないといけないのは面倒ですよね。

そんなときは、「挿入オプション」を使って「上下(左右)どちらの行(列)の書式をコピーするのか」または、「書式はコピーしないのか」を選択することができます。

「挿入オプション」は、挿入する操作の途中で、「上の行」「下の行」「書式のクリア」の3つの選択肢から選ぶだけなので簡単ですよ。(列の場合は「左の列」「右の列」「書式のクリア」の3つです)

それでは詳しくご説明していきましょう。

行(列)の挿入時に、コピーする書式の行(列)を選択する方法

2行目に、下の行の書式のコピーをした行を挿入して、「商品コード 102-0001」の行を増やしましょう。

img20160427_01

 

1.挿入したい行(今回ならば2行目)の行番号をクリックして行全部を選んだ状態にし、選んだ行のところで右クリックして、表示されたメニューの中から「挿入(I)」を選びます。

img20160427_02

↓ ↓ ↓ ↓

img20160427_03

 

2.挿入された行の左下(行番号の横)に「挿入オプション」マークが表示されるので、マウスカーソルを「挿入オプション」に近づけて、▼マークをクリックします。

img20160427_04

↓ ↓ ↓ ↓

img20160427_04_2

 

3.選択メニューが表示されるので、真ん中の「下と同じ書式を適用(B)」の○印をクリックします。(書式をコピーしたくない場合は、「書式のクリア(C)」を選択します。)

img20160427_04_3

 

すると、下の行(3行目)の書式をコピーした行が挿入されました。

img20160427_05

 

挿入された行は下の行の書式がコピーされているので、あとは入力していくだけで完成です。

img20160427_06

 

 

前回の続きで、「2日」以降のセルに日付を表示させて予定表を完成させます。

前回→「年月を入力するだけで自動的に日付が表示される方法1(DATE関数)

方法は簡単で、「2日」のセルに簡単な数式を入れ、あとは残りのセルにコピー&ペーストするだけです。

年月を入力するだけで自動的に日付が表示される方法2

1.「11月1日」の下のセル(B6)を選択し、「=B5+1」と直接入力して[Enter]キーを押します。(「B5」の箇所は直接B5セルをクリックしてもOK)

img20151025_01

 

「11月1日」に1日をが足されて「11月2日」になりました。

img20151023_12

 

では、下のセルに数式をコピーしましょう。

3.「11月2日」のセル(B6)を選択し、セル右下のフィルハンドル(+)を下までドラッグします。

img20151023_13

 

下まで日付が表示されました。

img20151025_04

 

4.12月の予定表を作るときには、月の欄(セルF2)に12」と半角入力します。
また、翌年の1月のときは、年の欄(セルD2)に2016」、月の欄(セルF2)に1」と半角入力します。

img20151025_05

 

その場合、月末の欄が空白になるので、すぐ上のセルのフィルハンドルをドラッグして、数式をコピーしましょう。

img20151025_06

 

 

作成した表を別のシートに貼り付けたいときはありませんか?

普通にコピー&貼り付けをして、列幅が違ってレイアウトが崩れてしまうと困りますよね。

そんなときにはこれからご紹介する「表を画像として貼り付ける方法」を使ってみましょう。

貼り付けたあとの元の表は、画像データなので編集はできませんが(拡大縮小は可能)、元の表のデータを変更したときは貼り付けた画像データにも反映されるので便利です。

★表を別のシートに配置する方法★

下の価格表を別シートの個人別売上表の下に配置させてみましょう。

img20150820_02

 

1.貼り付けたい元の表(価格表)を選択し、[ホーム]タブ→「コピー」アイコンをクリックします。

img20150820_03

 

2.貼り付け先のワークシートを選びり付けたい範囲の左上のセルを選択します。
 次に、[ホーム]タブ→貼り付けアイコン下の「▼」をクリックします。

img20150820_04

 

3.[貼り付け]の中から「リンクされた図(I)」を選択します。

img20150820_05

 

価格表がほかのシートに貼り付けられました。

img20150820_06

 

貼り付けられた表は拡大縮小と移動はできますが、データの編集は直接できません。
しかし、元の表を変更した場合は、貼り付けられた表(画像)にも反映されます。
(下図参照)

 

『拡大縮小』

「□」印をドラッグすると・・・

img20150820_10

↓ ↓ ↓ ↓

拡大(縮小)できます。

img20150820_07

 

『元の表のデータ変更→反映』

元の表のデータを\980→¥1,000に変更すると・・・

img20150820_08

↓ ↓ ↓ ↓

変更した箇所が反映されます。

img20150820_09

 

 

表などをコピーして貼り付けたときに、列の幅が変わってしまって困ることはありませんか?

ふたたび、幅を揃えなおすのも面倒ですよね。

そこで、列幅を保ったままコピーする方法をご紹介しましょう。

★列幅を変えずにコピーする方法★

下表を、新しいシートに列幅を保ったままコピー&貼り付けをしてみましょう。

img20150817_01

 

1.コピーしたい範囲を選択し、[ホーム]タブ→「コピー」アイコンをクリックします。

img20150817_02

 

2.貼り付けたい範囲の左上のセルを選択します。(今回は新しいシートに貼り付けます)

img20150817_03

 

3.[ホーム]タブ→「貼り付け」アイコンをクリックし、貼り付けられたデータはそのまま選択した状態にしておきます。

img20150817_04

列幅がコピーされていないので、元の列幅を保たせるようにします。

4.[ホーム]タブ→[貼り付け]アイコン下の「▼」マークをクリックして、「元の列幅を保持(W)」アイコンを選択します。

img20150817_05

 

列幅が適用され、元と同じ列幅になりました。

img20150817_06

 

 

縦に連続したセルの場合は、フィルハンドルをダブルクリックすることでコピーができました。

今回は、横に連続したセルの数式をコピーする方法をご紹介します。(連続した縦のセルでもできます)

 

★連続したセルの数式を簡単にコピーする方法(2)★

下表のセル[B10]の数式をセル[E10]までコピーしましょう。

img20150618_01

 

1.コピーしたい元のセルを選択し、セルの右下角にマウスポインタを重ねる「+」(フィルハンドル)が表示されるので、「+」をコピーしたい最後のセルまでドラッグします。

img20150618_02

↓  ↓  ↓  ↓

img20150618_03

 

数式がコピーされました。

img20150618_04

 

 

連続したセルに数式をコピーする場合、範囲を指定してコピーをするのは少し手間に感じませんか?

1、2箇所へ貼り付けならいいですが、それが大量のセルになると効率が悪いですよね、

この場合、フィルハンドルをダブルクリックすることで自動的にコピーすることができます。

(※縦の連続セルのみ適用されます)

 

★連続したセルの数式を簡単にコピーする方法★

下表のE列のセルに数式をコピーします。

img20150608_06

 

1.コピーしたい元のセルを選択し、セルの右下角にマウスポインタを重ねると、「+」(フィルハンドル)が表示されるので、「+」をダブルクリックします。

img20150615_08

↓  ↓  ↓  ↓

img20150615_09

 

連続したセル(E列)に数式が自動的にコピーされました。

img20150615_10

 

数式をほかのセルにコピーしたい場合は、簡単にコピー&ペーストができます。

コピーされた数式の参照元は、自動的に変更されるので(相対値の場合)便利ですよ。

 

★数式をコピーする方法★

下表のE2セルの数式をE6セルにコピーしてみましょう。 img20150611_01

 

1.まずは数式をコピーします。

コピーしたいセル(E2)を選択し、[ホーム]タグ→コピーのアイコンをクリックします。 img20150611_02

 

もしくは、右クリック→[コピー(C)]をクリックします。

img20150611_03

 

2.次はコピーしたデータを貼り付けます。

貼り付けたいセル(E6)を選択し、[ホーム]タグ→貼り付けのアイコンをクリックします。

img20150611_04

 

もしくは、右クリック→[貼り付けオプション:]から左はしの「貼り付け」アイコンをクリックします。

img20150611_05

 

アイコンをクリックするときにマウスポイントをアイコンに重ねると、E6セルに数式結果が表示されます。これでOKならばそのままクリックします。

img20150611_06

 

もし数式だけをコピーしたい場合は、「fx」のついたアイコンをクリックします。(罫線などの書式はコピーされません)

img20150611_06_2

 

E2セルの数式がE6セルにコピーできました。

img20150611_07

 

名簿などの表を作っていて、横と縦(行と列)のデータを入れ替えたいことってありませんか?
一から作り直すと時間も手間もかかりますよね。
しかし、コピーして貼り付けるだけで簡単に入れ替えることができるのです。

今回はそんな便利な機能をご紹介しましょう。

 

★行と列のデータを簡単に入れ替える方法★

(例)下の表の行と列を入れ替えます。

img20150401_01

●売上日:列(縦並び)→行(横並び)
●氏 名:行(横並び)→列(縦並び)

 

1.入れ替えしたい表の範囲を選択します。

img20150401_02

 

2.[ホーム]タブ→[コピー]ボタン(左の絵の部分)を押します。

img20150401_03

 

もしくは、選択範囲内で右クリック→[コピー(C)]を選択か、[Ctrl]+[c]でコピーします。

img20150401_04

 

3.貼り付けたい先のセルを選択します。

img20150401_05

 

4.[貼り付け]ボタンをクリックするか、[Ctrl]+[v]でデータを貼り付けます。

img20150401_06

 

4.表の右下に表示される[貼り付けのオプション]ボタンの「▼」をクリック→[行列を入れ替える(T)]ボタンをクリックします。

img20150401_08

img20150401_09

 

行と列が入れ替わりました。

img20150401_07

他に、コピーして貼り付ける際の条件で「行列を入れ替える」を選択する方法もありますが、上述の方法がわかりやすく手間がかからずにできるでしょう。

 

シートは、別のファイルや新規ファイルにコピー(移動)することができます。
(下図の赤い部分を「(ワーク)シート」と呼びます)

img20150309_00

作成中のワークシートを別ファイルに移したい。
1つのワークシートだけを新規ファイルにしたい、というときに便利ですよ!

 

★ワークシートを別ファイルへコピー(移動)する方法★

<例として、「在庫表」ワークシートを「月別売上報告」ファイル内へコピー(移動)させます。>

 

1.コピー(移動)させたいワークシートの名前タブを右クリックし、「移動またはコピー(M)」を選択します。

img20150309_01

 

2.[移動先ブック名(T):]の中からコピー(移動先)のファイル名を選びます。

img20150309_04

 

3.[挿入先(B):]の中から挿入させたい場所を選択し(※1)、[コピーを作成する(C)]チェック(※2)を入れて「OK」ボタンを押します。

※1.選んだシートの左側に挿入されます
※2.移動の場合はチェックをはずします

img20150309_05

 

【結果】別ファイル「月別売上報告」に「在庫表」シートがコピー(移動)されました。

img20150309_06

 

 

★ワークシートを新規ファイルへコピー(移動)する方法★

1.上記と同様に、コピー(移動)させたいワークシートの名前タブを右クリックし、「移動またはコピー(M)」を選択します。

img20150309_01

 

2.[移動先ブック名(T):]の中から[(新しいブック)]を選びます。

img20150309_02

 

3.コピーを作成する(C)]チェック(※)を入れて「OK」ボタンを押します。

※移動の場合はチェックをはずします

img20150309_03

 

【結果】「在庫表」シートだけが新規ファイルへコピー(移動)されました。

img20150309_07